難聴とはどんな病気?

難聴。読んで字の如く、「聴くのが難しい」状態を指します。聴力が低下し、片耳または両耳が聴こえづらくなる症状です。

加齢が原因で起こることが多く、「高齢者の悩み」というイメージが強いですね。

難聴の原因を知りたい実際、高齢化の進む日本での推定患者数は、人口の15%超とも言われています。実に2000万人近い人が、難聴を患っているという事になります。

もちろん難聴の程度は様々ですので、日常生活に殆ど影響の無い方もいるのですが、会話への支障、ひいては対人関係への支障をきたしている方も多いことでしょう。

難聴が進むと、どうしても話の内容を取り違えたり、聞き返しが多くなったりするもの。これは会話が弾まなかったり、誤解によるトラブルが生じたり、といったことにつながりますから、他人との会話が億劫になってしまいがちです。
難聴の治療方法を知りたい

また加齢が原因の難聴では、本人が難聴の進行を自覚しにくく、補聴器の使用に至らないことが多いそうです。聴力の低下が急激ではなく、徐々に起こるので、何となく放置してしまうのですね。

このことも、高齢者の会話のトラブルが解消されにくい原因のひとつと言われています。

難聴は、単に「聴こえづらくて不便」ということに止まらず、生活に大きな影響を与えてしまうことがあるのです。

難聴の原因は、もちろん加齢だけではありません。加齢を含め、他にも様々な原因があり、原因によって治療の効果が見込めるものと、見込めないものとに分かれます。

また、早期に治療しないと手遅れになるものもありますので、若いうちから耳の健康をおろそかにせず、異常を感じたら速やかに耳鼻科にかかりましょう。

 

 

難聴を克服!自宅で出来る〜今野式難聴改善エクササイズ

 

 

■ 良く読まれる記事